早起きすることは、三文の徳と言われているように、夜はなるべく早く寝るようにしています。

子供の頃の記憶が早起きにつながっている

早起きをするために夜は早く寝る

子供の頃の記憶が早起きにつながっている 早起きすることは、三文の徳と言われているように、夜はなるべく早く寝るようにしています。なぜ早く起きるかというと、始発の電車に乗るためです。朝は通勤ラッシュで混み合う時間帯です。夏の時期にラッシュを経験すると、気分が悪くなることがありましたので、早く起きて早い時刻に電車に乗れば、余裕で席に座ることが出来るのです。起きる時間を早くすることによって、朝の支度も余裕をもって行なうことが出来るのです。

夏の時期は、サマータイムの制度を行っている企業も多いです。仕事をする時間帯をずらすことで、終わり時間を早くすることが出来るのです。早く仕事から帰ることが出来れば、家族がいるところでは、家族と食事をすることも出来ますね。夏の時期は、暑くて仕事も集中できない時期でもあるので、ぱっぱっと仕事を終わらせて、帰ることが大事なのです。リズムを朝がたにすることで、めざましがならなくても、目が覚めるようになるのです。

同じ時間に電車に乗るか、時間をずらして電車に乗るかは自分の判断なのです。私としては、楽な方を選びますね。早起きをしても朝食を食べないで、家を出ることだけは、やめたいですね。朝、起きて脳を活発に動かすには、朝食は欠かせないのです。