早起きは無理でつらいといったことを考えている方もいるでしょうが、その5分の惰眠で・・・

子供の頃の記憶が早起きにつながっている

早起きは体を少しずつならしていけば成功する

子供の頃の記憶が早起きにつながっている 早起きは無理でつらいといったことを考えている方もいるでしょうが、その5分の惰眠で一日をよりストレスフルにしているといったことがあればどうでしょうか。早起きのメリットより夜更かしのデメリットを選択していることとなります。そして早起きがつらいようなことを感じる方はたいていは夜更かしをしているのです。そして熟睡ができないような方もいることでしょう。また夜にしか自由時間がなくて、ストレス解消に利用してみたいといった考えから夜更かしをしたり、夜に刺激過多になって眠れないようなことが多いと思います。ですが、そうして早起きできなくて、朝からばたばたあわただしく過ごしてしまうと、夜にリセットしたはずのストレスは元通りになってしまいます。

1日が焦りというストレスからのスタートとなってしまうと困りますが、これはとても人生にとってデメリットになります。明日の朝15分早く起きると、とにかくゆっくり動いてみてください。そして丁寧に顔を洗ってみたり、丁寧に服を選んでみたりコーヒーをゆっくりと入れてみたり、朝食をゆっくりとってみるといったことのどれか一つでもいいですから、ゆっくり過ごしてください。そして鼓動が聞こえてくるぐらいにゆっくりしていきましょう。それだけで1日が変わるのです。