音がうるさくて寝られないことがあります。

子供の頃の記憶が早起きにつながっている

早起きのために目覚まし時計の位置を考える

子供の頃の記憶が早起きにつながっている 音がうるさくて寝られないことがあります。住宅の環境によっては、鉄道の音がうるさかったり、他の住居からの音がうるさいこともあります。一度気になるとそれ以降全く寝られないこともあります。ただし全く音のない環境を探すのは困難と言ってもいいでしょう。それなりに音と付き合う必要があります。それぐらい人にとっては音は煩わしいものです。寝ている時に音がなったとすれば起きることができます。目覚まし時計はそれを利用した仕組みです。

早起きをしようとある時間に設定をして寝ました。安心して寝ていたのですが、翌朝時計を見てびっくりします。それどころか遅刻ギリギリになっていました。時間の設定などはきちんとしているのですが、なんとセットされていなかったのです。前日しっかりセットしたはずなのにセットされていないとすればどういうことが分かるでしょう知らないうちに目覚ましを押していたのです。眠たい状況なのでそれを忘れてしまっているようです。

こういったことを防ぐには目覚まし時計の位置を考えます。布団に入ったまま止めることができるところは好ましくありません。もう少し遠く、できれば一旦布団から出て立ち上がってから消すようなところがいいでしょう。