日の出の時間は季節によって異なります。

子供の頃の記憶が早起きにつながっている

早起きのために窓際に寝るようにする

子供の頃の記憶が早起きにつながっている 日の出の時間は季節によって異なります。夏であれば4時頃にしらじらとし始め、6時には太陽が上り始めます。かなり明るくなっています。夜も日の入りが遅く7時や8時頃まで明るさが残っていることもあります。冬になると6時でも真っ暗です。7時前ぐらいにやっと明るくなるぐらいでしょうか。夕方においても5時ぐらいにはすっかり暗くなっています。今の時代においては時間に正確に生活をしなければいけませんから、太陽を基準にするとずれてしまいます。

そうは言っても早起きのポイントとして言われるのは日の光を浴びることです。それによって体内時計がリセットされると言われます。今から1日が始まると体が反応してくれるのです。それであれば、太陽の光を浴びやすい所で寝るのが一番です。そこで、寝るときには窓際にします。それも東向きです。いくら窓際でも西向きだと全く明るくなりません。辺がすっかり明るくなってきた頃に目を覚ます事になります。これでは意味がありません。

カーテンをどうするかですが、全体としては暗くしておくほうがよいでしょうが、顔の部分に日の光が当たるようにすればいいでしょう。そうすればそれで起きることができます。その後にカーテンを開けて全身で浴びるようにします。